文字サイズ

  • 特大
病院代表
病院代表 0263-28-3003
外来予約専用
病院代表 0263-28-3020

募集要項臨床教育研修センター

外科

研修目的

外科の臨床研修を通じて外科診療に魅力と遣り甲斐を感じ、将来一般外科(救急・消化器系・乳腺・小児)を、自信を持って専攻できる医師を育てます。また、チーム指導制により、専門医の取得も可能な研修を行います。

研修期間

初期研修終了以降3年目より、専門医を目指す研修医を対象として原則3年間の研修を提供します。

研修内容

卒後年次 研修領域
3年目 外来患者の診断と治療方針が立てられる
→救急患者に対応、急性腹症の診断と治療、一般外科疾患への対応
内視鏡検査が出来る
→内視鏡専門医による内視鏡研修
CT、MRI画像診断が出来、超音波検査ができる
→CT、MRI、超音波検査の研修
鼠径ヘルニア・内痔核・痔ろうの手術が出来る
4年目 胃癌・大腸癌・乳癌の診断と治療方針が説明できる
→癌手術の術前術後管理の修得、癌手術の基本手技の修得
癌取り扱い基準に基づいた標本の管理が出来る
→標本の切り出し、記載のための研修
胆嚢摘出術が出来る
5年目 日帰り手術の概念が理解できる
→小児鼠径ヘルニア・停留精巣・包茎などの手術ができる
症例報告が出来る(論文発表)
癌化学療法・緩和ケア・チーム医療を理解し参加できる
腹腔鏡手術が出来る
大腸癌・乳癌の手術が出来る

募集人員

2名

指導方針

研修医の自主性と意欲を尊重し、自由闊達な議論を行いながらevidence に基づいた診療姿勢を学び、患者やスタッフから信頼されるチーム医療の出来る医療人養成をめざします。また、日本外科学会認定医の取得要件を満たす研修を提供します。

指導医

理事長  石曽根 新八
外科科長 佐藤 篤
詳しくはこちら

TOPへ