文字サイズ

  • 特大
病院代表
病院代表 0263-28-3003
外来予約専用
病院代表 0263-28-3020

動脈硬化度検査

何を調べるのですか?

動脈硬化(血管の老化・硬さや詰まり)の度合いや、早期血管障害を調べます。

方法は・・・

  • 1. 仰向けに寝た状態で、両腕両足首に血圧計を巻きます。
  • 2. 心電図と心音計の電極をそれぞれつけます。
  • 3. 血圧を測るような感覚で検査ができます。5分程度で終了し、痛みも伴いません。

どんなことがわかるか

  • ・動脈の硬さ
  • ・動脈の詰まり
  • ・血管年齢

どんな人におすすめか

高血圧、糖尿病、肥満、脂質異常のある方、喫煙者、心臓病・脳卒中の家族歴のある方

詳しい説明

動脈硬化とは、動脈血管壁にコレステロール等の脂質が沈着し、血管の弾力性が失われて硬くなり、内腔が狭くなる状態です。一般的に動脈硬化は下半身から進行することが多いといわれています。
下肢の動脈の狭窄にはABI値、硬化にはCAV値が用いられています。

ABI(上腕と足首の血圧比)

動脈硬化が進むと血管の通りが悪くなり、狭窄した先の血圧は低くなります。健康な方は、足首の血圧は上腕の血圧に比べ高いのですが、下肢の狭窄が進むと血流が悪くなり、上腕の血圧より低くなるため、上腕と足首の血圧を測定することにより、血管の詰まり具合がわかります。

CAVI(心臓足首血管指数)

動脈の硬さを表すのがCAVIです。動脈は血液を全身に送るポンプの役目を果たしていますが、ポンプの内側の圧力(血圧)が変化したときの膨らみの具合をみることによって、ポンプのしなやかさ、つまり動脈の硬さがわかるというものです。動脈硬化が進んでいるほど、CAVIの値は高くなります。

その他の検査内容

TOPへ