文字サイズ

  • 特大
病院代表
病院代表 0263-28-3003
外来予約専用
病院代表 0263-28-3020

便検査

目的

便に血が混じっているかどうか調べる検査です。大腸がんの早期発見に役立ちます。

どんなことがわかるのか?

消化管における出血の有無

方法は・・・

専用の容器に2日分の便を採取していただきます。

この検査で分かる病気

陽性の場合、潰瘍、がん、大腸炎、ポリープなどが疑われます。ただし、痔でも陽性となることがあるため、この検査で陽性となった場合は、より詳しい大腸カメラでの検査が必要です。

注意点

  • ・女性の方は、生理中は採取時に便に経血が混じってしまうことがあります。経血が便の中に混じってしまうと、大腸からの出血なのか判断ができなくなりますので、採取時が生理日と重なってしまう場合は、ご相談ください。
  • ・陰性でも、病気がないということにはなりません。(ポリープなどの進行がないということにはなりません。)
  • ・大腸の病気の治療後・治療中の方は、便検査ではなく、直接定期的な大腸内視鏡検査をお受けください。

その他の検査内容

TOPへ