病院代表電話番号:0263-28-3003

外来予約専用電話番号(全科共通):0263-28-3020

English
  • 特大

眼底検査

何を調べるのですか?

眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。「眼底」は、体の中で唯一、外から血管を観察できる部位のため、眼科領域の疾患だけでなく、高血圧、脂質代謝異常症、糖尿病等の血管への影響、動脈硬化の程度等も知る事が出来ます。

方法は・・・

  • ・暗い部屋で片眼ずつ光を当て、眼の奥の網膜を撮影します
  • ・少し眩しいですが痛みはありません
  • ・検査時間は数分程度です
  • ・点眼薬は使用しませんので、眼の中に光がうまく入らず判定不能となる場合もあります
※コンタクトレンズは、はずしていただいて検査します

もっと検査を知りたい方へ

正常の眼底写真は次のようになっています。
正常の眼底写真
視神経乳頭とよばれる丸い形をした部分から、神経や血管が出て、網膜の周辺にまで分布しています。
黄斑部とよばれる黒っぽい部分は、視神経が密集しており、視力に影響する非常に重要な部分です。
健診センターでは、主に網膜血管の動脈硬化や出血の有無などを見ています。また日本人の場合は、眼圧が正常範囲内でも視神経障害が起こる「正常眼圧緑内障」が多いので、この病気を早期発見するためには、眼底検査における視神経乳頭の所見が重要となります。

異常があったらどうするのか?

網膜の病気が見つかれば、治療を行ないます。特に、眼底出血が認められた場合は、放置しておくと失明の恐れが強いので、至急の治療が必要です。高血圧や糖尿病で動脈硬化が進行していることがわかれば、生活管理を徹底して病気をコントロールしないと、危険な事態になりかねません。

異常な場合に疑われる病気

緑内障、網膜剥離、糖尿病性網膜症、眼底出血、網膜色素変性症、眼内腫瘍、視神経萎縮、乳頭浮腫、脳腫瘍、くも膜下出血など

その他の検査内容