病院代表電話番号:0263-28-3003

外来予約専用電話番号(全科共通):0263-28-3020

English
  • 特大

胃内視鏡検査

目的

内視鏡を、口または鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸といった上部消化管を観察します。

方法は・・・

前処置(消泡剤の内服や胃の動きを抑える筋肉注射)を行い、その後スプレー麻酔で粘膜の麻酔をし、内視鏡を口または鼻から挿入します。およそ10分程度で終了します。
※経口か経鼻かは、当日お選びいただくことができます。


内視鏡検査方法の比較

 メリットデメリット
経鼻 ・嘔吐反射が少ない
・検査中に会話ができる
・出る唾液の量が比較的少ない

*経口内視鏡で嘔吐反射が強く、大変だった方にはおすすめです。
・検査室入室前に、鼻に麻酔液を噴霧するため、鼻、口の違和感が続く
・麻酔が効くまで10分程度の時間を要し、挿入も経口より多少時間がかかるため、検査終了までの時間が長い
・鼻腔が小さいと、まれに鼻出血、痛みを生じることがある
※挿入が困難な場合は、経口に変更となります
経口 ・前処置が簡便である
・麻酔実施から検査終了までの時間が経鼻内視鏡より短い(麻酔は検査室で直前に行う)
・嘔吐反射が起きやすい
・出る唾液量が多い方もいる
・検査中に会話ができない
※鼻からも入れられる、細いカメラを使用しています。

どんなことがわかるのか?(わかる病気)

胃・食道・十二指腸における、がん、炎症、ポリープ、潰瘍などの有無や程度がわかります。


胃バリウム検査との比較

  • ・消化管を直接観察できるため、微小な病変の発見に優れます。
  • ・疑わしい病変があったときは、胃生検(内視鏡でその部位を少量採取して、顕微鏡で詳細に調べる検査)ができるため、その後の診断、治療に速やかに移行できます。(保険診療にて、別途料金がかかります。)

どんな人におすすめか

  • ・ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療をした方
  • ・胃バリウム検査で毎年精密検査になる方
  • ・ヘリコバクター・ピロリ菌陽性及び、ペプシノゲン陽性であるが、内視鏡検査を受けたことがない方
  • ・胃バリウム検査が身体上の理由でできない方(妊娠中、大腸疾患がある方、バリウムを飲むとアレルギーが出る方、自分の体重を腕で支えることが困難な方など)

その他の検査内容