病院代表電話番号:0263-28-3003

外来予約専用電話番号(全科共通):0263-28-3020

English
  • 特大

簡易型睡眠時ポリグラフ(SAS)

検査の目的

夜間睡眠中の無呼吸の有無を調べ、睡眠時無呼吸症候群かどうかを調べる検査です。

方法は・・・

健診センターにて、機器の装着方法を説明します。機器を自宅へお持ち帰りいただき、就寝前にご自身で装着し、そのまま眠ります。翌日健診センターに機器をご返却ください。

装着するセンサー類

どんなことがわかるのか?

睡眠中10秒以上の無呼吸(低呼吸含む)が1時間に5回以上、あるいは7時間に30回以上あるとき、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。当院で行っている簡易型検査では、睡眠中の無呼吸の回数や時間、呼吸状態、血液中の酸素飽和度の変化などから診断し、その重症度を評価します。

どんな人におすすめか

  • ・大きないびきをかく
  • ・睡眠中に呼吸が止まっていたと指摘されたことがある
  • ・昼間眠くなることがある
  • ・朝起きた時に疲れが残っている感じや頭痛がする
  • ・若いころより体重が増えて顔つきが変わったといわれる
  • ・メタボリックシンドロームの傾向がある

注意事項(特記事項)

7〜8時間以上の睡眠をとる事が望まれます。
入院の必要はありません。装着は難しいものではありません。

その他の検査内容