文字サイズ

  • 特大
病院代表
病院代表 0263-28-3003
外来予約専用
病院代表 0263-28-3020

尿検査

目的

腎臓や尿路系などの異常がないか調べます。

方法は・・・

専用の容器に早朝尿を採取していただきます。

どんなことがわかるのか?

  • ・尿比重、pH
  • ・尿蛋白・尿糖・尿潜血の有無
  • ・ウロビリノーゲン
  • ・尿沈渣(尿中の細胞成分をみます)

この検査で分かる病気

pH 通常弱酸性だが脱水などでは酸性に、尿路感染症や腎不全になるとアルカリ性に傾きます。
特に尿が酸性に傾くと、尿路結石ができやすくなります。
尿比重 異常がある場合、腎機能の異常、脱水、水分のとりすぎなどが考えられます。
尿蛋白陽性 激しい運動後、発熱時などで一過性に陽性になることがあります。
尿蛋白が続く場合は、腎炎・ネフローゼなどの腎疾患を疑います。
尿糖陽性 糖尿病を疑います。
尿潜血陽性 膀胱炎や尿道炎、結石、腫瘍などの腎臓・尿路系の異常を疑います。
ウロビリノーゲン 肝機能障害、黄疸で異常値となります。
尿沈渣 腎臓や膀胱、尿道の病気や感染がわかります。
 

注意点

  • ・女性の尿沈渣では外陰部に膣の分泌物の成分が混じることがあるため、中間尿を採取してください。
  • ・生理中は潜血反応が陽性になってしまう場合がありますので、ご相談ください。

その他の検査内容

TOPへ