平成29年度 丸の内病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 140 145 221 388 332 254 395 535 435 120
平成29年4月1日から平成30年3月31日までに退院した患者さんを年齢別に集計しています。
当院には母子医療センターがあり周産期医療が充実していること、スポーツ外傷等の整形外科手術も多いことから、小児からご高齢の方まで幅広い診療を行っています。
また、地域の高齢化を反映し60歳以上の占める割合が全体の5割となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 30 26.70 17.71 13.33 85.23
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 16 17.69 20.83 6.25 89.88
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 11 34.91 19.65 0 79
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 11 12.27 12.34 18.18 78.27
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 10 24.60 15.23 0 72.20
内科には循環器内科、呼吸器内科、消化器内科等を含みます。

うっ血性心不全や誤嚥性肺炎では入院時にすでに複数の慢性疾患を抱えている方が多く、全身管理を含めた包括的な治療を行い、退院後の生活を見据え入院早期からの退院支援に力を入れています。
消化器内科では大腸腺腫や初期の大腸がんに対して内視鏡による切除術を実施していますが、短期滞在手術等基本料に該当するため、ここでは集計対象外となっています。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx99x2xx 関節リウマチ 16 26.50 23.43 6.25 78.25
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 - - 22.44 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 - - 19.65 - -
リウマチ膠原病センターとして、地域の医院と連携して治療・管理をしています。
関節リウマチの症状増悪により入院しリハビリを行う患者さんが多く、関節の変形に対する人工関節置換術等の症例は整形外科に集計されています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 12 15.42 20.83 0 85.75
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.34 - -
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 - - 10.05 - -
誤嚥性肺炎や代謝性疾患の患者さんが多く、内科と同様に高齢者の割合が高くなっています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍  結腸切除術等 14 14.64 15.61 0 69.07
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍  乳房部分切除術 13 11.46 10.15 0 63
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等  腹腔鏡下胆嚢摘出術等 11 7.18 7.40 0 61.64
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア  ヘルニア手術 - - 8.33 - -
060150xx02xxxx 虫垂炎  虫垂切除術等 - - 9.88 - -
外科には消化器外科、小児外科、肛門外科等を含みます。

悪性腫瘍、胆嚢炎、虫垂炎等の手術目的での入院が増加しています。
15歳未満の鼠径ヘルニアに対する日帰り入院・手術も行っていますが、短期滞在手術等基本料に該当するため、ここでは集計対象外となっています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む)  関節鏡下手術等 219 9.89 11.41 0.46 40.13
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む)  人工関節置換術等 212 32.41 23.14 0.47 66.67
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む)  人工関節置換術等 182 36.54 25.09 0 75.30
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折  人工骨頭挿入術等 61 47.23 27.09 6.56 84.25
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷  腱縫合術等 42 46.14 19.87 0 59.67
スポーツ外傷、加齢による変形性関節症、肩腱板断裂などに対する手術目的での入院が90%を占めています。
在宅復帰に向けたリハビリ継続のため、当院の地域包括ケア病棟へ転棟する場合もあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍  経尿道的手術 14 6.71 7.31 0 74
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.34 - -
110070xx97x00x 膀胱腫瘍 - - 8.69 - -
前立腺がんに対する針生検の患者さんが最も多いのですが、短期滞在手術等基本料に該当するため、ここでは集計対象外となっています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 62 5.26 6.18 14.52 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 24 6.58 11.49 8.33 0
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) - - 8.41 - -
当院で出生した新生児を対象に低出生体重児、新生児黄疸などに対応しています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 82 20.16 20.41 10.98 30.71
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常  帝王切開術等 66 9.97 9.75 0 33.77
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 40 8.30 5.93 5 33.25
120160xx99xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 31 12.45 7.45 0 29.29
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 31 14.35 12.02 0 32.32
平成29年度は600件弱の分娩を取り扱い、安心、安全な分娩ができる施設として周産期医療に対応しています。
分娩前には助産師外来、両親学級、マタニティーヨガ、分娩後には乳房ケア、ベビーマッサージ、市委託による産後ケアなども行っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍  子宮筋腫摘出術等 74 10.18 9.91 0 45.35
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍  腹腔鏡下腫瘍摘出術等 27 7.22 6.37 0 36.04
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍  開腹腫瘍摘出術等 15 10.07 10.27 0 48.33
120140xxxxxxxx 流産 15 2.07 2.43 0 33.07
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 14 8.21 8 7.14 45.57
良性の子宮・卵巣腫瘍などに対する手術目的での入院が80%を占めています。
子宮頸部高度異形成(子宮頸がんの前段階)に対する手術も行っていますが、短期滞在手術等基本料に該当するため、ここでは集計対象外となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - 1 7
乳癌 - - - 1 7
肺癌 - - 1 7
肝癌 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんの中でも多いといわれている5大がんの患者数を病期ごとに集計しています。
胃がんについてはStageⅠの割合が高く、早期に内視鏡による治療を行っています。
大腸がん、乳がんの初期治療では主に手術等の外科治療を行っており、大腸がんでは患者さんの負担が少ない腹腔鏡手術も行っています。
3D撮影によるデジタルマンモグラフィーの導入、外来での緩和ケアチームによる介入、他病院で治療を受けた患者さんの受け入れなど、幅広く対応し患者数も増加しています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 22 13.82 79
重症 - - -
超重症 - - -
不明
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎のことで、重症度別に集計しています。
症状の重症度が高くなるほど平均年齢が高く、在院日数も長くなる傾向が見られます。
中等症以降の患者さんは、悪性腫瘍や脳梗塞、認知症等の疾患や、日常生活動作に制限を抱える方も多く、全体の8割を占めています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院には「脳神経外科」がないことから、他の病院と連携して対応しています。
主に急性期治療が終了したリハビリ対象患者さんを積極的に受け入れています。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 44 0 2.18 0 63.77
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K5972 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -
K721-4 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K722 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 - - - - -
消化器内科では大腸腺腫や初期の大腸がんに対して内視鏡による切除術を多く実施しています。

※手術件数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 44 0.25 1.45 0 21.50
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 1.31 5.06 0 55.06
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 14 1.43 3.07 0 64.50
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 1 9.50 0 62.67
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 11 5.45 15.73 0 69.09
鼠径ヘルニア手術のうち、15歳未満の日帰り入院・手術を33件実施しています。
また、消化器外科では患者さんの負担が少ない腹腔鏡による手術を実施しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 (膝または股) 434 1.44 32.58 0.23 70.84
K068-2 関節鏡下半月板切除術 92 0.95 2.10 0 53.51
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 75 0.92 20.17 1.33 29.21
K0461 骨折観血的手術(大腿) 66 1.76 47.45 7.58 80.70
K0462 骨折観血的手術(下腿) 47 1.13 15.47 2.13 48
人工関節置換術が最も多く、手術の傷口が小さく侵襲を最小限にしたMIS(最小侵襲手術)法を採用しています。
また、スポーツ外傷や肩腱板断裂に対しては、疼痛の緩和や早期社会復帰等の患者さんのQOLを重視し、関節鏡下による手術を採用しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 14 1 4.71 0 74
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K805 膀胱瘻造設術 - - - - -
K8172 尿道悪性腫瘍摘出術(内視鏡) - - - - -
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - - - - -
膀胱がんに対する経尿道的手術が増加しています。
前立腺がんに対する針生検の症例数が最も多いのですが、検査に該当するため、ここでは集計対象外となっています。

※手術件数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 56 2.13 7.93 0 34.63
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 44 2.18 7.93 0 32
K893 吸引娩出術 10 7.80 6.30 0 28.50
K866 子宮頸管ポリープ切除術 - - - - -
K8522 腟壁裂創縫合術(分娩時を除く)(前後壁裂創) - - - - -
選択帝王切開術はあらかじめ計画して実施した手術で、前回の分娩が帝王切開だった経産婦さんが多く、
緊急帝王切開術は分娩前や分娩中に母子に何らかの異常が起きた場合に早急に実施された手術をいいます。

※手術件数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 64 1.05 8.13 0 48.84
K867 子宮頸部(腟部)切除術 54 1 2.98 0 41.48
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 29 1 5.17 0 35.62
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 27 1.37 8.04 0 43.89
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 25 1.12 8.24 0 38.88
良性の子宮・卵巣腫瘍などに対する手術が多く、附属器腫瘍摘出術では患者さんの負担が少ない腹腔鏡による手術も実施しています。
子宮頸部高度異形成(子宮頸がんの前段階)に対しては、子宮頸部切除術を実施しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.58
異なる - -
「手術・処置等の合併症」では整形外科手術後の合併症などがあり、起こり得る合併症として患者さんに手術前に説明を行っております。
ただし発生率としては多くありません。

※症例数が10件に満たない項目は規程により-(ハイフン)で表記しています
更新履歴
2018年10月1日
平成29年度病院指標を公開しました。