丸の内病院

アコーディオンメニュー1

臨床教育研修センター募集要項 産婦人科

研修の目標

将来産婦人科専門医を目指す研修医のための知識・技術を習得し、研修終了後には産婦人科専門医の資格が得られる事を目標とします

Ⅰ. 一般目標 (GIO : General Instructional Objectives)

ⅰ. 主な婦人科疾患の診断、治療技術をを習得する
女性特有の性周期や加齢に伴うホルモン環境の変化を理解するとともに、代表的な諸々の婦人科疾患に関する系統的診断と治療を習得する
ⅱ. 妊産褥婦および新生児の医療に必要な知識、技術を習得する
妊娠分娩産褥期および早期新生児の管理に必要な知識を学ぶ。また、妊産褥婦に対する投薬の問題、治療や検査をする上での制限等についての特殊性を理解する
ⅲ. 女性特有の疾患による救急医療を習得する
女性特有の救急疾患(産科的、婦人科的)を的確に鑑別し適切な治療を行うための研修を行う
産婦人科医 写真

Ⅱ. 行動目標 (SBO : Specific Behavioral Objectives)

ⅰ. 経験すべき診察法・検査・手技
1. 産婦人科的な問診及び病歴の記載
患者との間に良いコミュニケーションを保って問診を行い、総合的かつ全人的に patient profile をとらえることができるようになる
2. 産婦人科診察法
産婦人科診療に必要な基本的態度・技能を身につける。
3. 産婦人科の診療に必要な検査法を理解し、その結果を判断し治療に反映できる
a. 妊娠の診断
b. 細胞診・病理組織検査
・子宮膣部細胞診 ・子宮内膜細胞診 ・病理組織生検
c. 婦人科内分泌検査、不妊症検査
・基礎体温 ・ホルモン検査 ・ホルモン負荷テスト ・精液検査
d. 内視鏡検査
・コルポスコープ
e. 超音波検査
・経腹超音波断層法 ・経腟超音波断層法
f. 放射線学的検査
・CT検査 ・MRI検査 ・骨盤計測(マルチウス・グットマン法) ・子宮卵管造影
ⅱ. 産科に関する研修
1. 正常妊婦の外来管理
指導医のもとに、妊婦検診の研修を行う
2. 正常分娩・産褥および新生児の管理
指導医と共に分娩経過の観察と評価(分娩監視法)について理解し、正常分娩・産褥および出生直後の新生児の管理を習得する。適宜(可能な限り)当直業務も行う
3. 急速遂娩(吸引分娩、腹式帝王切開術)への参加
急速遂娩(吸引分娩,帝王切開)の適応を理解し,その手術に執刀医として参加する
4. 異常妊娠・分娩、合併症妊婦の管理
入院症例を受け持ち、周産期管理、分娩立ち会いまで行う
5. 産科大量出血に対する応急処置法の理解
ⅲ. 婦人科に関する研修
1. 婦人科の救急患者の治療への参加
指導医のもとに婦人科の救急患者に対する診断と治療を習得する。適宜(可能な限り)当直業務も行う
2. 婦人科良性腫瘍の診断ならびに治療計画の立案への参加
3. 婦人科良性腫瘍の手術への助手としての参加
4. 婦人科悪性腫瘍の診断法の理解
5. 婦人科悪性腫瘍の手術への参加の経験
5. 婦人科悪性腫瘍の集学的治療の理解
5. 婦人科性器感染症の検査・診断・治療計画の立案

※2~7については、入院症例を受け持ち、指導医とともに担当医として手術にも参加する

スケジュール

卒後年次 研修領域
3年目 正常分娩の立ち会いを独立して行える
婦人科良性疾患を主治医として受け持ち入院管理を行い、執刀医として手術を行える
4年目 異常妊娠、分娩症例を主治医として管理できる
婦人科悪性疾患の主治医として診断治療を行える
5年目 産婦人科の症例について、外来入院を含めて主治医として管理できる

研修期間中適宜に学会発表、論文の作成を行う

週間スケジュールの一例です

午前 病棟 外来 病棟 外来 手術
午後 カンファレンス
病棟
手術 カンファレンス
病棟
病棟 病棟

募集人員

2名

指導医

母子医療センター長 北村 文明
産婦人科科長 吉田 順子
産婦人科科長 林 晶子

詳しくはこちら