病院代表電話番号:0263-28-3003

外来予約専用電話番号(全科共通):0263-28-3020

English
  • 特大

乳がん検診

何を調べるのですか?

医師の視触診と画像検査の両面から、乳がんを早期に発見し、早期治療につなげます。

どんな検査があるの?

視触診

医師が乳房に直接触れ、乳房の変形やしこりの有無、皮膚の変化、乳頭の変形・分泌物などを観察します。
視触診のみで診断することは、効果が立証されていません。画像検査と組み合わせて診断します。

マンモグラフィ

乳房専用のX線撮影のことをいいます。
視触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の早期乳がんの微細な石灰化の発見に威力を発揮する検査方法で、乳がんの早期発見に欠かすことのできないものです。

乳房超音波検査(エコー検査)

乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にし、わずかな濃度の違いで病変を発見するものです。

検査の特徴

マンモグラフィ

乳腺が密な若い人の場合はX線写真がかすんでしまい、しこりを見つけることが難しい場合があります。
また、X線撮影のため、妊娠中・妊娠の可能性がある方は行えません。
授乳中の方はご相談ください。

乳房超音波検査(エコー検査)

マンモグラフィに比べて小さなしこりや石灰化の診断は困難ですが、しこりの内部構造の識別がしやすく、乳腺の密な若い方の診断にも使うことができます。
X線を使用しないので、妊娠中・妊娠の可能性がある方も検査を行うことができます。

注意事項

マンモグラフィ検査は、乳房を圧迫して撮影をするため、生理前など乳房の張りがある時は、痛みが増強する恐れがあるので、避けたほうがよいでしょう。

マンモグラフィ詳細説明

早期発見のため乳腺を広げ、きれいな写真を撮るために乳房をギュッと圧迫するので、痛みを伴うことがあります。

  • ・皮膚の伸縮具合
  • ・乳房内の脂肪と乳腺の割合
  • ・生理前後での乳房の張り具合

などによって、人により感じる痛さが異なります。


乳房を上から見た状態。 乳房を横から見た状態
左右に挟みます 上下に挟みます
皮膚がピンとなるまでギュッとおさえます 皮膚がピンとなるまでギュッとおさえます

乳房圧迫について

乳房を圧迫することによって、乳腺構造の重なりをなくし、一つ一つの乳腺をより広くみることができます。また、乳房の厚みが薄くなることで被ばく線量の低減にもなります。
乳房の主な構造成分は乳腺組織と脂肪組織です。乳腺組織は15〜20個の線葉に分かれ、乳頭から乳管を介して放射状に広がっています。圧迫により線葉を分離して重なりをなくすことによって、1cm以下の早期乳がんの発見率向上になります。また、乳房の厚みが1cm薄くなると被ばく線量は2分の1になるといわれています。このように、乳房を圧迫することは、早期乳がんの発見と被ばく量の低減という2つの利点があります。

痛みについて

圧迫に伴う痛みは「皮膚の伸縮具合」「乳房内の脂肪と乳腺の割合」「生理前後での乳房の張り具合」によって人それぞれ違います。同じ強さで圧迫してもすごく痛い人と、全く痛くない人がいます。これは、人によって乳房の状態が違うからです。放射線技師は、日本で定められているマンモグラフィ検査の基準をもとに一人ひとりに合わせて検査を行っています。
また、圧迫に関しては「皮膚がピンと張っていること」「日本で定められているマンモグラフィにおける圧迫の基準に近い値になっていること」「受診者の様子をみながら」圧迫しています。圧迫時に、圧迫以外の痛みがあった場合は、技術者のポジショニングの方法による原因が主なので、どこが痛いか教えてください。

お勧めの受け方

当センターでは、一般的に20~30歳代の方には乳房超音波検査を、40歳以上の方にはマンモグラフィーと乳房超音波検査の併用をお勧めしております。

その他の検査内容